1. 府中・多摩の行政書士
  2. 相続対策

相続対策

次の何れかに当てはまる方は、ぜひとも相続対策をしておくべきです。

  • 不動産(土地・建物)を多く所有しているが、
    預貯金(銀行等)が少ない方
  • 相続人となる人の間が不仲である方
  • 相続人以外の人に財産を譲りたい方
  • 相続人がいない方

税法で定められている「相続時精算課税制度」は、「相続税が課税されないか、または課税されるか微妙な相続が見込まれるとき」に活用の検討を行うべきと考えます。
その「相続時精算課税制度」の要件は、以下のとおりです。

贈与者 60歳以上の父母または祖父母
受贈者 20歳以上の子または孫
適用対象財産 問わない。種類、金額、回数に制限なし
適用手続き 必要。「相続時精算課税選択届出書」を提出する。
相続時まで継続適用(取り消しはできない)。
控除額 累積で、2500万円までの特別控除
税率 一律20%
申告 選択した場合、贈与された財産が110万円以下の少額でも必要
贈与財産の相続時の取り扱い 贈与財産を相続財産に加えて相続税を計算。
相続税を超える贈与税額があるときは還付される。

※「相続時精算課税制度」で贈与者となった父母や祖父母以外の人からの贈与は、通常の通常贈与(暦年贈与)として「基礎控除110万円」の適用が受けられます。
同様に、「相続時精算課税制度」で受贈者となった子や孫以外の人に通常贈与する場合にも「基礎控除110万円」の適用が受けられます。

※「相続税が高額になることが見込まれる人」には、「相続時精算課税制度」と「通常贈与」の「合せ技」で、「財産を減らす」ことも、選択のひとつと考えます。

メール、面談でのご相談は全て無料です 電話、面談でのご相談は全て無料です

営業時間 9:00~17:00
休日:土曜・日曜・祝日・年末年始・夏季休業
(事前にご予約いただければ休日でも対応いたします)