スマートフォン用ページを表示

自筆証書遺言の財産目録はワープロでもOK!

事例紹介

自筆証書遺言の財産目録はワープロでもOK!

平成31年1月13日から、ご自分で書かれる「自筆証書遺言」の「財産目録」については、手書きでなく、ワープロで作ることができます。

財産目録とは、ご自分の財産の一覧です。

財産目録を「別紙」にして、その「別紙」部分をワープロで書くことがOKとなったのです。

また、銀行の通帳のコピーを添付することも可能になりました。

しかし、本文(「別紙の財産目録のうち○○銀行 ○○支店の預金は、長男・Aに相続させる。」などの本質的な文章(本文)は、今までどおり手書きです。

したがって、「財産目録」は、「不動産」や「預貯金」をワープロで一覧にしたり、銀行の通帳のコピーをのせたりすることになります。

また、ワープロで書いたり、通帳のコピーをつけた「財産目録」の各ページの余白部分には、「必ず」遺言書を書く人の「手書き」での「名前」、「日付」と押印(シャチハタ印はダメです。)をする必要があります。

また、本文と別紙は「必ず割り印(本文で押印した印と同じもの)」をする必要があります。

財産の数(金額ではない。)がたくさんある方には、「財産目録」をいちいち「手書き」するのではなく、「ワープロでもよい」、「通帳のコピーでもよい」となったことで、手書きの面倒は多少なりとも軽くなると考えます。

当事務所では、「有効な遺言書」の作成アドバイスを行っております。お気軽にご相談ください。(相談無料)

吉田行政法務事務所 所長 吉田武広

メール、電話、面談でのご相談は全て無料です営業時間 9:00~17:00 休日:土曜・日曜・祝日・年末年始・夏季休業
(事前にご予約いただければ休日でも対応いたします)