スマートフォン用ページを表示

各種契約書の起案・作成

各種契約書の起案・作成

口約束ほど危ないものはない!

「契約」とは、当事者間に権利義務を発生させる約束事です。日本では従前から、口約束のような契約が多く、後に「言った」「言わない」的な争いが起こることがしばしばあります。

アメリカなどはよく「契約社会」と言われますが、その約束事で考えられることをきめ細かく書面(契約書)に残すことが当然とされています。

日本も今後ますます予想されるグローバル化、高度情報化、事業の多様化などにより、今までの「口約束」的程度のものでもしっかりと書面に残し、無用な争いを避けられるようになってきています。その点で、今後の契約書は、事後的アクシデントを予防する性質が必要とされます。(予防法務)

契約書を交わさずに友人に貸したお金は、返ってこないと思ってください!

よく「ちょっと事業資金が必要なので、資金を貸してくれないか?」と親しい友人に頼まれることもあるでしょう。

もちろん、友人ですから何とか助けてあげたい、との気持ちで貸してしまう人が実に多くいます。それも契約書など書面なしで!

この場合、返してくれるのが当然ですが、たとえ友人とはいえども、その保証はありません。契約書なしで貸したお金は返ってこないものと覚悟し、「あげた」と考えても間違いではありません。

親しき仲にも、特にお金の貸し借りについては「契約書」は絶対に必要です。

契約書は、トラブルの予防注射!

契約書を交わすことにより、未然にトラブルを防止できます。契約書を作成するときに、「最悪の事態」を想定するのです。

その「最悪の事態」が想定され、契約書で適切に文書化されていれば、仮に紛争になってもちゃんとした証拠になります。

新しいビジネスには、新しい契約書が必要!

最近の「起業ブーム」で新しいビジネスがどんどんできています。

そのときに、お客様との間や取引先などと「契約書」を交わす必要があります。

新しいビジネスを起こしたときこそ、しっかりとした「契約書」を作成し、お客様や取引先の信用を得るようにしましょう。

法律改正のたびに、今までの契約書を見直しましょう!

近年、規制緩和などにより、さまざまな法律が改正されたり、新しい法律ができたりしています。これらの法律に今の「契約書」が抵触していないか、不備はないか、十分に検討し、「契約書」を見直しましょう。

実際、契約書は雛形では完成できません!

書店などで「契約書全集」のような「ひな型」が記載されていますが、ほとんどが、実際の業務にはそのままでは使えないのが現実です。

あなたのためのカスタムメイドの契約書が必要!

当事務所では、あなたの思いを「契約書」という書面で表現するように、お客さまごとにその骨子をお聞きし、あなただけのカスタムメイドの「契約書」を作成いたします。

交渉をスピーディーに進めるためには、まず自分の方から契約書案を提示しましょう!

交渉で一番大事なのは、どちらがイニシアティヴ(主導権)を握っているか、に尽きます。そのために「契約書」は自分の方から提示しましょう。相手方はその契約書をベースに交渉の場にでることになるので、先に「契約書」を提示したほうが有利です。

契約書の費用対効果は絶大!

契約書は、ほとんどの場合、一度契約書を作成すれば、何年かは有効に存続します。したがって、ちゃんとした契約内容を文書化しておけば、紛争も最小限にとどめられ、契約書の不備のために裁判になった場合の、費用や弁護士報酬などを考えると、実に安価でその費用対効果は絶大です。

契約書は安かろう、悪かろう!

今までいろいろなお客さまからご意見を頂きましたが、ほとんどが「安くあげようとしたが、契約書の出来が悪く、そちらで見直してほしい」という依頼が実に多いのです。契約書については「安かろう、悪かろう」はある程度事実なのです。

当事務所では契約書作成については、お客様からその骨子を十分お聞きし、その内容、難易度、汎用性を考慮し、報酬を決めています。

当事務所では、「契約書を取り交わす」ということは、最低限で必須のリスクマネジメントであると、考えます。

契約にも、「物の売買」「お金の貸し借り」「土地の売買や貸し借り」「特許のライセンス」などいろいろな種類がありますが、当事務所では、どのような形態の契約の作成にも対応いたします。また、契約書の内容のチェックなども行います。(英文契約書にも対応します。)

例:金銭消費貸借契約・土地売買契約・人材派遣契約・雇用契約・営業譲渡契約・継続的商取引契約・フランチャイズ契約・マルチ契約など

▼契約書のサンプル

皆様も安全かつ効果的な「契約書」の作成にあたって、行政書士を利用していきませんか?

行政書士には行政書士法で守秘義務が課せられていますので、職務上知りえた内容や情報は守られます。

メール、電話、面談でのご相談は全て無料です営業時間 9:00~17:00 休日:土曜・日曜・祝日・年末年始・夏季休業
(事前にご予約いただければ休日でも対応いたします)