スマートフォン用ページを表示

会社設立手続

会社設立手続

初めに、事業の目的の内容決定から会社の憲法とも言える定款の作成・認証、その後設立登記完了まで各種書類の作成が必要となります。

今までは、株式会社では最低資本金1000万円、有限会社では最低資本金300万円が必要でした。

しかし、平成18年5月1日から「新・会社法」が施行され、資本金は1円から可能になりました。また、1人でも株式会社が作れるようになりました。

それに伴い、今までの「株式会社」の価値観が大きく変わり、「金融機関の信用度は高い」という神話が崩れるかもしれません。

これから会社を設立する計画をお持ちの方へ、設立手続とともに「資金調達」のご相談を承ります。

【株式会社の場合の設立手順】

設立準備の打ち合わせ
発起人会開催(議事録の作成)
定款の作成
定款の認証 / 公証役場で電子認証
株式(資本金)の払込 / 金融機関
払込のあったことを証明する証明書 / 払い込みの記帳された通帳のコピーを添付
取締役会開催、取締役・監査役の調査、資本金の額の確定に関する議事録の作成
設立登記申請 / 本人申請か司法書士
登記完了、印鑑証明書・登記事項証明書・印鑑カードの交付申請 / 法務局
払込金の放出 / 金融機関
諸官庁への届出
税務署、労働基準監督署、公共職業安定所、社会保険事務所等

有限会社から株式会社への組織変更への組織変更についてもご相談ください。

当事務所は、「電子定款」に対応しておりますので、印紙代4万円が節約できます。

メール、電話、面談でのご相談は全て無料です営業時間 9:00~17:00 休日:土曜・日曜・祝日・年末年始・夏季休業
(事前にご予約いただければ休日でも対応いたします)